dマガジン

dマガジン登録前に知らなきゃ損する3つのポイント

dマガジン

dマガジンを使う前に知っておくべきポイントは以下の3つです。
  • 1アカウントで最大5端末利用可+PCでも読める!
  • dマガジンで読めないページがある
  • 雑誌1冊ダウンロードで通信料節約&動作も快適!
では、それぞれのポイントについて、詳しくご説明します。

31日間無料!dマガジン利用登録はこちら


1アカウントで最大5端末利用可+PCでも読める!

dマガジン

dマガジンでは、1アカウントにつきスマホとタブレット合わせて最大5つの端末で利用できます。

そのため、スマホとタブレット両方お持ちの場合は、
1アカウントでどちらの端末でもdマガジンが利用できます。
もちろん追加料金は発生しません。

複数端末で利用する場合でも面倒な設定は必要なく、
利用する端末にアプリをダウンロードし、ログインするだけで利用できます。

また、dマガジンはPCのブラウザでも読むことが可能で、
その場合は上記の台数に含まれません。

dマガジン

PCで利用する場合は、
インターネットブラウザでdマガジンのサイトにアクセスし、
ログインすることで簡単に利用できます。

この様にdマガジンのサービスは、1アカウントあれば、
スマホ・タブレット5台+PC1台の合計6台で利用が可能です。

dマガジンで読めないページがある−読めないページはどんなページ?
dマガジンで発行されている雑誌では、
実際の雑誌に掲載されているすべてのページが読めるわけではありません。

著作権や肖像権、その他の理由により、
dマガジン上では掲載ができない画像などはカットされています。

具体的な例では、
過激なグラビアなどの性的描写があるページやジャニーズタレントの写真です。
全てのグラビアページが読めないわけではありませんが、
過激なものはカットされていることが多いです。

dマガジン

※ジャニーズタレントが掲載されているページの例


また、ジャニーズタレントの写真は白抜き加工されていて、
写真を見ることができません。

しかし、各雑誌のメインコンテンツがカットされることはほぼないので、
その点は安心して問題ありません。
ファッション誌であればファッションのページはちゃんと読む事ができます

このことを理解した上でdマガジンに登録することで、
実際使用し始めた際に読みたかったページが実は読めない部類に入っていた!
という事態を避けることができます。

無料お試しで、希望のページ・雑誌があるかチェック!

dマガジンは初回登録から31日間は無料で利用できます。
※無料期間内に解約すれば、料金がかかる事はありません。

自分の読みたいページがあるか不安な方は、
試しに登録してチェックしてみることをおすすめします。

31日間無料!dマガジン利用登録はこちら


雑誌1冊ダウンロードで通信料節約&動作も快適!
dマガジンでは、
オンラインで読む方法と雑誌の全ページをダウンロードして読む方法の
2つの読み方があります。

オンラインで読む場合では、1ページ開くたびにそのページを読み込みます。

dマガジン

dマガジン利用画面(PC)※実際は鮮明に画像が表示されます


普段から全ページ読まない場合や、
今すぐ読みたいページがある時におすすめの方法ですが、
電波の関係で、ページの読み込みに時間がかかってしまったり、
表示ができない場合もあります。


一方、1冊ダウンロードして読む方法では、
読む前に雑誌1冊分の全ページをダウンロードします。

dマガジン

雑誌ダウンロード画面(タブレットアプリ)

※1冊ダウンロードにかかる時間は大体20〜30秒程度です。


読み始めまでには少し時間がかかりますが、
1度ダウンロードしてしまえば、ページ毎に読み込む必要がないので、
ページ送りでもサクサク動き、快適に読めます。

また、wifi環境のあるところで先にダウンロードしておくことで、
通信料の節約ができます。
さらに、wifiを利用すれば通信制限の心配もないので、おすすめです。

初月無料!お試し登録で使用感をチェック※途中解約OK

dマガジン

dマガジンは初回登録時から31日間サービス料金が無料です!

もちろん31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません。

dマガジンがどんなサービスか気になる方、使い勝手が気になる方は、
31日間無料サービスを試してみてはいかがでしょうか?

31日間無料!dマガジン利用登録はこちら

Dマガジンのサービス

dマガジンは170誌以上の雑誌をスマホ、タブレット、PCで読む事が可能な電子雑誌読み放題のサービスです。※ドコモ以外(au、ソフトバンクなどの他社キャリア)の方も利用可能
読める雑誌数は1,200冊以上(バックナンバーを含む)で、週刊誌や男性誌、女性誌、旅行雑誌から経済・ビジネス、趣味・スポーツに至るまで、様々なジャンルの雑誌をカバーしているので、老若男女楽しめます。

料金は月額400円(税抜)何冊でも何度でも読み放題なところが魅力です。
袋とじや付録、また、著作権の関係で中には読めないページもありますが、月額400円で読み放題と考えるととてもお得です。※ジャニーズタレントの画像は見れない様になっています。

毎月読んでいる雑誌だけでなく、今まで読む事がなかったジャンルの雑誌も気軽に読めるので、新しい発見ができます!
配信雑誌数は続々と増えており、サービス開始当初の79誌から100誌近くも増えている為、今後もさらに拡大されていく事が期待できます。

31日間無料!dマガジン利用登録


dマガジンCM


dマガジン料金

月額使用料400円(税抜)
※初回登録から1ヶ月(31日)間は利用料無料で利用できます。期間中に解約した場合でも、利用料金はかかりません。

dマガジンサービス概要

取扱い雑誌数170誌以上
対応端末スマホ・タブレット・PC
複数端末利用6台
(スマホ・タブレット5台+PC1台)
※家族間でのアカウント共有不可
無料期間初回登録から31日間
機能バックナンバー
クリッピング
新着お知らせ
人気雑誌ランキング
かんたん検索
ポイントサービスdポイントが月4ポイント貯まります(100円で1ポイント)

dマガジン支払方法

ドコモ回線をお持ちの方ドコモ ケータイ払い
ドコモ回線以外の方クレジットカード
※上記以外の支払方法は選択できません。

31日間無料!dマガジン利用登録


dマガジンの便利な機能

バックナンバー
dマガジンではほとんどの雑誌でバックナンバーを読む事ができます。
バックナンバーが読める期間は雑誌によって異なりますが、1号前のみのものから過去1年ほど前まで遡れるものもあります。
※トレンド系はバックナンバーは少なく、流行廃れのない情報もの(歴史等)はバックナンバーが多い傾向にあるようです。
クリッピング
記事ページを最大100ページまで保存しておくことができる機能です。
後で読みたい、もう一度読みたいページをクリッピングしておくことで、マイページからすぐにアクセスできます。
新着お知らせ
「お気に入り雑誌」に登録した雑誌の最新号が配信された際に、ご利用の端末に通知が届きます。
また、アプリ起動時にも、トップページの「お気に入り」内に最新号が表示されるので便利です。
人気雑誌ランキング
デイリー、ウィークリー、マンスリーのランキングから人気雑誌がわかります。
また、ウィークリー・マンスリーでは、総合だけでなく、女性・男性それぞれのジャンルでの人気ランキングも配信されています。
かんたん検索
検索では、雑誌だけでなく記事も探すことができます。
気になるキーワードを入力することで、配信中の全雑誌から関連する記事を見つけられます。

31日間無料!dマガジン利用登録


dマガジン利用者の口コミ

こんなに便利なサービスだなんて思わなかった!(20代・女性)

普段、雑誌は立ち読みしたり、ファッション誌はたまに買う事もありました。
CMなどでdマガジン存在は知っていたのですが、特に興味はありませんでした。
友達と話している時に、dマガジンの話題が上がって、利用していてとても便利だという事だったので試しに見せてもらいました。
使ってみたらとっても便利で驚きました。タブレットだったのですが、字もしっかり読めるし画質もキレイ!もちろんズームもできます。
雑誌一覧も表紙で表示されているのでわかりやすかったです。
お試しで1ヶ月は無料で利用できるとの事だったので、私も試しに登録しました。
タブレットだから持ち歩きもできて、いろんなジャンルの雑誌が読めるところが気に入りました。
雑誌の種類も多いので、全然飽きません。今では暇があればdマガジンを開いて雑誌を読んでいます。
無料期間が終わっても継続する予定です。

普段読めない雑誌が読めるところが良い!(20代・男性)

dマガジンを利用しています。
雑誌は普段からよく読みますが、dマガジンは普段読まないような雑誌も読めるところが気に入っています。
男性の私にとって、女性誌や週刊誌など興味があっても、立ち読みするには勇気がいりますし、場違いすぎる。(笑)
しかし、dマガジンならそんなこと気にせず、読みたいジャンルの雑誌を読めます。
タブレットやスマホを1台持っていればどこでも読めるので、嵩張らないのが嬉しいです。

雑誌を買いに行かなくなりました(40代・主婦)

我が家には1台共有のタブレットがあります。
そのタブレットにdマガジンのアプリを入れているのですが、それがとても便利!
いろんなジャンルの雑誌が読めるので、家族全員が楽しめます。
我が家は毎週ザテレビジョンを毎週買っていたのですが、dマガジンを利用し始めてから買いに行く必要がなくなりました。
息子も普段読んでいたファッション雑誌がdマガジンで読めるので、買うことがなくなったようです。
地味に嬉しい事は、読まなくなった雑誌の処分をしなくて良くなったので、楽になったことです。
過去の雑誌って、嵩張って結構邪魔なんですよね。
色んな雑誌が読めるだけでなく、雑誌の処理もいらないのですごく助かっています。

31日間無料!dマガジン利用登録

雑誌読み放題アプリ比較表

dマガジンと他社雑誌読み放題アプリを比較しました。
サービス 月額 取り扱い雑誌数 無料お試し期間
dマガジン 400円 160誌以上 31日間
Kindle Unlimited 980円 180誌以上 30日間
楽天マガジン 380円
(年額3,600円)
約200誌 31日間
ブックパス 562円 270誌以上 30日間
タブホ 500円 500誌以上 24時間
(BIGLOBEからの申込で7日間)
U-NEXT 1,990円 70誌以上 31日間
Yahooブックストア 400円 40誌以上 初月無料
ブック放題 500円 150誌 初月無料
ビューン 480円 140誌 7日間

詳しくはこちら>>読み放題アプリ有名9社と徹底比較

31日間無料!dマガジン利用登録


dマガジンで読める雑誌一覧

AERAサンデー毎日週刊朝日週刊現代
週刊女性週刊文春週刊ポスト週プレ
女性自身女性セブンニューズウィーク日本版FRIDAY
FLASHAneCanandGIRL25ans
ViViwithVERYVOGUE JAPAN
S Cawaii!エル・ガールエル・ジャポンOggi
CanCamGINZACLASSY.JJ
SPURGINGERSTORYSeventeen
Domaninon-noHERSハーバーズ バザー
BAILAFUDGEフィガロジャポンPrecious
MarisolminaMORERanzuki
LEERay男の隠れ家Casa BRUTUS
GoodsPressGOETHEGetNaviサライ
TarzanDIMEDiscover Japanデジモノステーション
日経トレンディBE-PALBeginBRUTUS
PenHot-Dog PRESSLightningar
ananVOCEESSENHK きょうの料理
エル・ア・ターブルOZmagazineOZmagazinePLUSオレンジページ
家庭画報上沼恵美子のおしゃべりクッキングCREAクロワッサン
GOSSIPSサンキュ!3分クッキングたまごクラブ
日経ウーマン日経ヘルスHanako美ST
美的ひよこクラブ婦人画報FRaU
MartMAQUIAレタスクラブおとなの週末
関西ウォーカーCREA Traveller月刊山と渓谷週刊 東京ウォーカー+
dancyu東海ウォーカー東京カレンダー福岡ウォーカー
北海道ウォーカー横浜ウォーカーワイン王国COURRiER Japon
SAPIO週刊アスキー週刊エコノミスト週刊ダイヤモンド
ダイヤモンドZAi日経PC21日経ビジネスアソシエ日経マネー
PRESIDENTMac FanWIREDアルバトロス・ビュー
CARトップ月刊フットボリスタGENROQサッカーダイジェスト
週刊ゴルフダイジェスト週刊パーゴルフ週刊プロレス週刊ベースボール
スマッシュNALU / SURFTRIP journalNumberBiCYCLE CLUB
ベストカーRIDERS CLUBRUNNING styleル・ホラン
ワールドサッカーダイジェストCAPAサイゾーCD&DLでーた
週刊Gallop週刊ザテレビジョン週刊ファミ通JUNON
趣味の文具箱SCREENダ・ヴィンチつり情報
DVD&ブルーレイでーたディズニーファン鉄道ファン日経エンタテイメント!
日経おとなのOFFパチスロ必勝本パチンコ必勝本CLIMAXPASH!
プレジデントファミリー歴史人UOMOGO OUT
GQ JAPANstreet Jack2ndMEN'S EX
メンズクラブMen's JOKERMEN'S NON-NOLEON

31日間無料!dマガジン利用登録

1.電子雑誌の読み放題サービス!dマガジンとは

雑誌 読み放題

いつもコンビニなどで雑誌を買って情報収集をしているという人も多いのではないでしょうか。
また、ビジネスマンにとっても情報収集は欠かせないものです。
雑誌を手軽に読めることで人気を集めているのがdマガジンです。
dマガジンはNTTドコモが提供し、今発売されているビジネス・ファッションの週刊誌から人気雑誌、総合週刊誌など、様々な雑誌が読み放題のサービスです。
スマホやタブレット、パソコンなどで読むことができるので、職場での休憩時間、移動中や自宅で自分のお気に入りの雑誌を読むことができます。
また、ドコモ会員限定というサービスではなく、ドコモユーザー以外でも利用可能です。
日頃から雑誌を愛読しているという人にはおすすめのサービスです。

1-1.月額400円で160誌以上が読み放題

dマガジンの魅力は、低価格の料金で、豊富な雑誌が読めるという点です。
女性自身、週刊ダイヤモンド、週刊朝日などの人気雑誌から、普段読むこともなかった雑誌などでも読み放題です。
スマホなどを利用すれば今まで手が出せなかった雑誌などでも気軽に読むことができます。
そんなdマガジンは、月額400円で利用可能です。
雑誌一冊分程度の価格で、160誌以上が読み放題となっているため、いつも雑誌を購入している人にとって、この低価格なら得をしても損することはありませんよね。
低価格なので気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

1-2.定額で読み放題の仕組みは?

多くの雑誌を400円という定額で提供するのは、雑誌社にとっては大きな損失になるのではないかと思ってしまいますよね。
雑誌によっては一部読めない記事もあったり、更新が雑誌の発売日よりも遅いなど、dマガジンにもデメリットはあります。
ただし、ほぼすべての記事が読める雑誌もあるため、雑誌社にとってdマガジンはどんなメリットがあるのかと感じてしまいます。
最近では雑誌を買わずコンビニで立ち読みをして済ませてしまう人もいて、雑誌の販売数は低下していると言われています。
dマガジンによっていい宣伝となり、雑誌の販売数が増えたという報告もあり、マイナス面だけではないようです。

1-3.無料トライアルはどこまで読める?

dマガジンは無料トライアル期間があります。
初回の利用に限り31日間無料にするというものです。
有料会員と同じように読めるため、無料期間でdマガジンを利用して、気に入れば継続して購読してもらおうというサービスです。
会員になるにしても、お気に入りの雑誌がどこまで読めるのかが気になりますよね。
本当に様々な雑誌を読むことができるのか、お気に入りの雑誌記事を本当に読めるのかなど、低価格のサービスといっても様々な不安や疑問を持っている人も多いと思います。
無料トライアル期間を上手く利用してしっかりとチェックしておきましょう。

2.dマガジンのメリット

一部読めない記事があったり、更新日が遅い雑誌などもありますが、dマガジンを利用するメリットは色々あります。
お気に入りの雑誌があるという人は、毎回購入して休憩時間や自宅でゆっくりとその雑誌を読んでいるという人も多いと思います。
この時に面倒なのが雑誌の片づけです。
毎回購入してしまうと、雑誌を捨てるのが面倒を感じることもあります。
しかし、このdマガジンを利用すれば、そんな面倒な雑誌の片付けも必要ありません。
また、雑誌ではかさばることもありますが、スマホでも読めるdマガジンなら、様々な場所でスマートに雑誌を読むことができます。

2-1.雑誌への出費が減る

dマガジンの大きなメリットとして雑誌への出費が減るということです。
様々な雑誌を買っていると毎月数千円という出費となってしまいます。
毎月のお小遣いが少ないという人にとっては、この出費は結構いたいですよね?
そのため、いつもお気に入りの雑誌を読む時には、コンビニで立ち読みをしているという人もいるかもしれませんね。
情報収集のためといっても、できるだけ出費は抑えたいものです。
dマガジンなら毎月400円の定額制なので、お小遣いの少ない人でも手軽に雑誌から情報収集をすることができ、お小遣いの節約にもつながります。

2-2.会話のネタが増えコミュ力が上がる

情報収集はビジネスマンにとって欠かせないものですよね。
同僚との会話だけでなく、上司や取引先とのコミュニケーションをとるためには、最新の情報は必要になります。
dマガジンは、いつも読んでいる雑誌だけでなく、様々な雑誌を読むことができます。
今まで読むことがなかった女性雑誌などでも、人目を気にせず自分の好きな時間や場所で読むことができ、今まで知らなかった情報を手軽に入手することができます。
女性の多い職場や取引先の場合には、強力なアイテムともなります。
このように、dマガジンは会話ネタが増えコミュニケーション力が上がるというメリットがあるのです。

2-3.ちょっとした隙間時間に手軽に読める

dマガジンはスマホやタブレットなどで利用することもできるため、外出先でも読めるのが大きなメリットです。
取引先に向かうタクシーの中や、通勤時の電車の中でも読むことができ、ちょっとした隙間時間に好きな雑誌を読むことができます。
また、一つのアカウントで複数の端末を利用することも可能です。
そのため、自宅でスマホで雑誌を読んでいる時でも、奥さんはパソコンで、子供はタブレットで雑誌を読むということもできます。
これなら、だれかが利用しているという時に、雑誌が読めないということもなく、休日などでも時間の有効利用ができそうですね。

3.dマガジンのデメリット

dマガジン

dマガジンにはメリットしかないように感じますが、デメリットと感じる部分もいくつかあります。
お気に入りの雑誌の中でも、ここが気に入っているといった記事や特集などがあったりしますよね。
dマガジンは、すべての雑誌の、すべての記事が読めるというわけではありません。
多くの雑誌で、一部の記事を読むことができません。
また、アプリの利用時に問題があると感じている人も多くいるようです。
このような点は、無料期間中にしっかりと確認をするようにしましょう。
低価格のサービスなのですが、自分が納得してサービスの利用をすることが大切です。

3-1.アプリがクラッシュエラーすることがある

スマホなどでも雑誌を読むことができるdマガジンはとても便利な存在なのですが、スマホアプリを利用するとクラッシュエラーが起きることがあるという利用者からの不満もあります。
雑誌を楽しんで読んでいる時に、急にアプリが使えなくなることがあり、これは利用者にとっては大きなマイナスポイントです。
再起動すれば問題ないのですが、頻繁にこのような状態になるとかなり面倒ですよね。
頻繁に起こるということはなさそうですが、今後このような事態がなくなるようにアプリの改良が期待されるところです。
dマガジンを利用する時には、このような事態も起こることは想定しておきましょう。

3-2.特集や付録などを読めない雑誌もある

多くの雑誌が90%以上の記事を読むことができるのですが、一部の特集や付録などを読むことができません。
最新の特集を楽しみにしているという人にとっては大きなマイナスポイントかもしれませんね。
ほとんどの記事が読めるといった雑誌もあれば、最新の特集やグラビア、連載ページなどは読めない雑誌もあります。
毎回楽しみにしていた部分だけ読めないということになるとがっかりですよね。
まずは、無料期間を利用してしっかりとチェックしましょう。
せっかくこの無料期間が設けられているので自分にとってどれだけのメリットがあるのかをしっかりと確認しましょう。

4.dブックとdマガジンの違いは?

dマガジンは多くの雑誌が読めるドコモのサービスとなっていますが、ドコモにはdマガジン以外の書籍関連サービスとして、dブックがあります。
dブックはコミックや小説、実用書などをストアで購入・ダウンロードして専用アプリで楽しむことができるというサービスです。
dマガジンとの違いは、扱っている書籍と、定額制か購入するのかの違いがあります。
dブックには、書籍を購入するとその購入代金に応じてドコモポイントがもらえるという嬉しいサービスがあります。
購入代金100円に対してドコモポイント1ポイントつきます。
雑誌だけでなく、コミックや小説などもよく読むという人は、dマガジンだけでなく、dブックも活用してみてはいかがでしょうか。

5.dマガジンの申し込み方法

dマガジンを利用するためには、docomo IDの発行、dマガジンの会員登録、アプリを起動してログインするという流れです。
docomo IDはドコモユーザー以外の人でも発行してもらえます。
スマホからならdマーケットのトップから登録することができますし、パソコンからならMy docomoから手続きをします。
iOSの方ならApp Storeから、Androidの方ならGoogle Playからアプリをダウンロードできます。
アプリをタウンロードしたら、docomo IDでログインすると利用することができます。