dマガジン 東洋経済

160以上の雑誌が読み放題!dマガジン1ヶ月間無料お試し
今dマガジンに新規登録すると、1ヶ月間無料で有料会員と同様のサービスが利用できます。
dマガジンでは160誌以上の雑誌が読み放題!もしもサービスが気に入らなくても、無料期間中に退会すれば一切料金は発生しません。
この機会にぜひdマガジンのサービスをタダで利用してみましょう!

1ヶ月間無料トライアルの登録はこちら

東洋経済はdマガジンでも読める!

dマガジン 東洋経済

週刊東洋経済は創刊されてから100年以上も続く経済誌で、最新の日本経済のニュースを詳しく知りたい人に人気があります。
発行元の東洋経済新聞社は、株取引をしている人に愛読者が多い会社四季報も発行しています。
この週刊東洋経済は、dマガジンでも読むことができます。
dマガジンでは、週刊ポスト、週刊朝日、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、週刊Gallop、週刊女性、女性セブンなど、写真週刊誌からファッション誌、女性誌まで多くの人気雑誌を取り扱っています。
他の読み放題サービスと比較しても取扱雑誌のラインアップは幅広く、よく雑誌を読む人であれば見逃せないサービスです。
ここでは、dマガジンで東洋経済を読むとお得なのかについて解説します。
日頃から週間東洋経済を愛読している人はぜひ参考にして、お得に週刊東洋経済を活用しましょう。

 

dマガジンで読むとお得?

dマガジンを利用すると、週刊東洋経済をかなりお得に購読することができます。
dマガジンは月額400円で利用することができ、週刊東洋経済は1冊690円です。
週刊誌なので、毎号購入するとなると1ヶ月で4回として2,760円必要になり、2,360円もの差となります。
1ヶ月では2千円程度の差でしかありませんが、年間で3万円近くの差となるので、お得感を感じるのではないでしょうか。
毎月のお小遣いが少ない人は、dマガジンを利用するだけでもかなりの節約をすることができ、そのお金で少し贅沢なランチを食べたり、趣味のために活用することもできます。

 

dマガジンで東洋経済は全ページ読める?

雑誌代で考えると、dマガジンで読む方がかなりお得感があります。
これだけの差となると雑誌を購入する必要もないと思ってしまいますが、dマガジンで週刊東洋経済の全てのページが読めるわけではありません。
号によっては、半分程度のページ数しか読めないこともあります。
メジャー雑誌を色々読みたい人、低料金で電子書籍を読みたい人にはdマガジンは最適なのですが、週刊東洋経済の隅々まで読んでいる人にとっては、dマガジンでは物足りなさを感じることでしょう。
dマガジンには初回31日間無料で利用できるサービスがあるので、まずはこの無料期間を上手く活用して、dマガジンにメリットがあるのかを確認してみてはいかがでしょうか?

 

全ページ読むなら定期購読がおすすめ

週刊東洋経済を全ページ読みたいと考えているのなら、やはり毎号購入するしかありません。
この費用に負担を感じているのであれば、定期購入を利用することをおすすめします。
半年のプランでも8%、1年なら19%、3年となると39%もお得に購読することができますし、パソコンやスマホ、タブレットを使って、電子版ですべての記事を読むことも可能です。
また、この定期購入を利用することで特典もあります。
東洋経済主催のセミナーに無料で参加できたり、バックナンバー約950冊分も収録した「デジタルコンテンツライブラリー」を無料で利用することもできるなど、全ページを読みたいと考えている週刊東洋経済の愛読者には定期購入が最適です。