dマガジン タブホ

160以上の雑誌が読み放題!dマガジン1ヶ月間無料お試し
今dマガジンに新規登録すると、1ヶ月間無料で有料会員と同様のサービスが利用できます。
dマガジンでは160誌以上の雑誌が読み放題!もしもサービスが気に入らなくても、無料期間中に退会すれば一切料金は発生しません。
この機会にぜひdマガジンのサービスをタダで利用してみましょう!

1ヶ月間無料トライアルの登録はこちら

タブホってどんなサービス?

dマガジン タブホ

タブホはOPTimが提供している雑誌読み放題サービスで、月額料金は500円、取扱雑誌数は500誌以上です。
対応端末はスマートフォン、タブレット、パソコンと、最大3台までの同時利用が可能で、雑誌をダウンロードすればオフライン環境でも読むことができ、アプリ版であれば7日間のオフライン利用が可能です。
雑誌の記事まで検索できる機能から、みんながどんな雑誌を読んでいるかもすぐにわかる人気ランキング、紙の雑誌感覚でページをめくれるリーダーなど、手軽に雑誌が読めるサービスとなっています。
パソコンだけでなく、スマホやタブレットも利用可能なので、旅行ガイドとしても利用できますし、毎日の献立を考える時にでも手軽にプロのレシピを確認できます。

 

複数端末での利用は不可

雑誌読み放題のサービスを提供している会社は複数ありますが、「何台までの端末が利用できるか」というポイントで選ぶ人も多いのではないでしょうか。
複数の端末が利用できれば家族で共有することも可能ですし、自宅ではパソコンで雑誌を読み、出先ではスマホで読むこともできますよね。
タブホの場合、以前は1台までの利用しかできなかったようですが、現在は最大3台まで同時に利用できます(ブラウザは個別に1台の利用)。
タブホは取り扱っている雑誌の数も多く、最大3台までの利用が可能なので、自分の好きなタイミングで雑誌を読むことができます。

 

旅行系ガイドブックに強い

タブホの大きな特徴の一つが旅行系の雑誌が豊富であることです。
旅行系の雑誌で定番のるるぶから、ここみる、トリコガイドなどを読むことができます。
また、るるぶに関しては、国内版だけでなく温泉版や海外版なども読むことができ、雑誌を購入するよりもかなりのお得感が感じられるサービスとなっています。
旅行に出掛ける際に、1ヶ月だけ契約するのもいいかもしれませんね。
旅行に出かけるときにはいつもガイドブックを片手に出掛けていた人も多いですよね?
でも、スマホでも読むことができるタブホは持ち運びにも便利ですから、旅行好きの人にとっては欠かせないサービスとなりそうです。

 

dマガジンとの違いを調査!

タブホだけで読める雑誌

・女性ファッション
L’OFFICIEL Jpan、eclat
・男性ライフスタイル
MADURO
・女性ライフスタイル
トルテ
・趣味
フィールドライフ、ガルヴィ、FlyFisher,、フローリスト
・車
car MAGAZINE、Garage Life、Motor fan illustrated、KCAR SPECIAL
・子育て
子供の科学
・ペット
愛犬の友
・ビジネス
経済界

 

※不定期刊行や年間誌などは除く。

 

dマガジンだけで読める雑誌

・ニュース・総合週刊誌
週刊朝日、週刊女性、週刊新潮、週刊文春
・女性ファッション
ViVi、with、VERY、STORY、HERS、FUDGE
・男性ライフスタイル
日経トレンディ、BRUTUS
・女性ライフスタイル
VOCE、GOSSIPS、日経ウーマン、日経ヘルス、FRaU、Mart、レタスクラブ
・レシピ
上沼恵美子のおしゃべりクッキング、3分クッキング
・お出かけ
(地域名)ウォーカー、東京カレンダー
・ビジネス・IT・国際
週刊アスキー、日経ビジネスアソシエ、PRESIDENT
・スポーツ
週刊ゴルフダイジェスト

・エンタメ
日経エンタテインメント!、週刊ザテレビジョンPLUS
・趣味
週刊ファミ通、SCREEN、ダ・ヴィンチ、DVD&ブルーレイでーた、ディズニーファン、鉄道ファン、PASH!、歴史人
・ペット
ねこのきもち
・子育て
プレジデントファミリー
・その他
日経おとなのOFF

 

※不定期刊行や年間誌などは除く。

 

dマガジンとタブホ、どっちがおすすめ?

「dマガジンがいいか、それともタブホがいいか」と迷った時は、自分にとって読みたい雑誌がある方を選ぶことが大切です。
取り扱っている雑誌の種類を見ても、メジャー雑誌や日経系を読みたい人にとってはdマガジンがおすすめですし、旅行好きでガイドブック系をメインとして雑誌を購入している人にはタブホがおすすめです。
また、個人差はありますが使い勝手ではタブホの方が良いと感じます。
電子雑誌ではこの使い勝手が重要なポイントになります。
ページをめくるのでも読み込みが遅いのではストレスを感じます。
UIはタブホが上と感じている人も多く、dマガジンと比較すると料金や人気雑誌ラインナップ、ジャンルは劣るものの、使いやすさを求める人にはタブホは最適です。