dマガジン 履歴 削除

160以上の雑誌が読み放題!dマガジン1ヶ月間無料お試し
今dマガジンに新規登録すると、1ヶ月間無料で有料会員と同様のサービスが利用できます。
dマガジンでは160誌以上の雑誌が読み放題!もしもサービスが気に入らなくても、無料期間中に退会すれば一切料金は発生しません。
この機会にぜひdマガジンのサービスをタダで利用してみましょう!

1ヶ月間無料トライアルの登録はこちら

1.dマガジンの履歴を削除する方法

dマガジン 履歴 削除

 

NTTドコモが提供する雑誌コンテンツのdマガジンは、様々な雑誌を読むことができます。
しかも、一つのアカウントで複数の端末を利用できるので、スマートフォンやタブレット、パソコンを利用して家族で雑誌を楽しむことができます。
家族で楽しめるのはいいのですが、履歴には注意する必要がある人もいるのではないでしょうか。
dマガジンでは今まで読んだ雑誌の履歴を簡単に確認することができるので、子供や家族に見られたくない雑誌を読んでいるという人は、履歴の管理に注意が必要です。
また、履歴を削除することはスマートフォンなどの端末の動作をスムーズにすることにもつながります。
dマガジンを利用して雑誌を楽しむには履歴を削除する方法も知っておきましょう。

 

1-1.アプリメニューにあるダウンロード設定

今読んでいる人気雑誌を誰にも知られたくないという人にとって、履歴が残っていたのでは、安心して雑誌が読めないという人も多いのではないでしょうか。
子供には見せたくない雑誌を読んでいる人にとっては、最近読んだ雑誌の履歴は注意したいものです。
履歴は簡単に消せるので、見られたくない雑誌を読んでいる場合、読み終わったら履歴を削除しておきましょう。
前から履歴を削除したいと考えていたけど、どこから削除していいのかわからないという人もいるかもしれませんね。
履歴は、アプリメニューにあるダウンロード設定から削除することができます。

 

1-2.キャッシュ削除で雑誌単位で履歴を消去

アプリメニューを選択すると、その中にダウンロード設定という項目があります。
ダウンロード設定を選択するとキャッシュ削除というボタンがあります。
ここから履歴を削除することが可能です。
ここでの履歴削除は、今までダウンロードした雑誌をすべて削除するのではなく、雑誌ごとに選択して削除することが可能です。
キャッシュ削除をした雑誌は、マイメニューの最近読んだ雑誌からも同時に削除されることになります。
雑誌単位で削除できるので、誰にも見られてもいい雑誌だけは残して、誰にも知られたくない雑誌だけを削除するということもできます。

 

1-3.履歴削除でダウンロードした雑誌データも消える

キャッシュ削除をすることで雑誌単位で削除することができ、最近読んだ雑誌の中からも削除されるので、dマガジンの履歴を見られたとしても安心ですね。
しかし、キャッシュ削除したことによりダウンロードした雑誌データも消えることになります。
バックグラウンドダウンロード機能によって雑誌一冊分ダウンロードしていつでも読めるようになっていたのに、キャッシュ削除で雑誌データも消えてしまうので、また読もうと思えば、もう一度ダウンロードする必要があります。
ただ、履歴を削除することにより、キャッシュが削除できdマガジンの動作が速くなることもあります。
今まで動作が遅かったという人は、定期的にキャッシュ削除することをおすすめします。

2.dマガジンの履歴から雑誌を検索する方法

利用し始めたばかりの人は、そもそも履歴はどこから確認できるのか、検索する方法はどうするのかと思っている人もいるかもしれませんね。
dマガジンの履歴は、マイページの最近読んだ雑誌を選択すれば、最新号からバックナンバーまで履歴を確認することができます。
初めの頃は、まず自分が読みたい雑誌を探すのに時間をとられるかもしれませんが、自動的に最近読んだ雑誌に登録されるので、一度読んだ雑誌はすぐに読むことができます。
ただし、自動的にキャッシュにたまってしまうので、定期的に削除しないとスマートフォンなどの動作が鈍くなるので注意しましょう。
最近読んだ雑誌以外にも、お気に入り登録やクリッピング機能など便利な機能もあります。

 

2-1.お気に入りとクリッピング機能を有効活用

気に入った雑誌が見つかったらお気に入り登録をしましょう。
アプリメニューのダウンロード設定からお気に入り登録を選び、☆マークを選択するか、参加雑誌一覧から右上にある☆マークを選択することにより、お気に入り登録ができます。
お気に入り登録を解除したい時には、再度☆マークを選択することにより解除ができます。
ちなみに、お気に入り登録は最大50件までです。
お気に入りのページや記事を保存したいという時にはクリッピング機能を使います。
クリッピング機能は、一部ページでは保存できない場合もありますが、最大保存ページ数は100ページとなっています。

3.dマガジンに登録したデバイスでの履歴共有について

履歴を見られたくないという人にとって、気になるのが、登録している各デバイスの履歴ではないでしょうか。
一つのデバイスの履歴を削除すれば、登録しているデバイスすべての履歴が削除されるのか、それとも一つひとつ削除しなければいけないのかと気になるところだと思います。
dマガジンは一つのアカウントによって、最大5台までのデバイスを利用できるところが大きなメリットなのですが、家族で共有していて、履歴を見られたくないという人にとっては大きなデメリットとなるかもしれませんね。
デバイスでの履歴共有についても解説していきたいと思います。

 

3-1.閲覧履歴は他デバイスに共有されない

閲覧履歴が他のデバイスで共有されるとなると、雑誌を読むのも気を使うという人がいるかもしれませんね。
家族のいないところでこっそりと閲覧していても、自宅で家族が他のデバイスで履歴を確認すればすぐにバレるということになります。
しかし、dマガジンの閲覧履歴は、他のデバイスから確認することはできません。
つまり、閲覧履歴はアカウントは同じでも共有されないということです。
家族が利用するデバイスと、自分だけが利用するデバイスを別けていれば、誰かに履歴が見られる心配もないということです。
同じアカウントを利用していても、各デバイスを占有していれば、履歴を気にせず利用者それぞれでdマガジンを楽しむことができます。

 

3-2.履歴を削除する場合はデバイスごとに

dマガジンでは、同じdアカウントを使っていても、デバイスが違えば閲覧履歴も違ってくるということになります。
閲覧履歴はそのデバイスでの履歴ということになります。
デバイスが違えば、他のデバイスの履歴を見ることはできませんが、それぞれのデバイスの履歴を削除するためには、デバイス一つひとつで削除していくしかありません。
キャッシュ削除は、履歴を消すだけの目的だけでなく、デバイスのキャッシュ容量を増やすことになり動作を軽くすることにもつながります。
履歴を誰にも見られたくないという人、デバイスの動作を軽くしたいという人は、キャッシュ削除を上手く活用しましょう。